PRESIDENT MESSAGE

新たな“ものづくり”の現場に必要なソリューションを提供するため、様々な技術・ノウハウを学び、大いに成長してほしい

代表取締役社長<br/> 杉脇 弘基 Sugiwaki Hiroki
拡大
代表取締役社長
 杉脇 弘基 Sugiwaki Hiroki

革新的な製造工程に必要な解決策を提供する会社

1920年、当社は電気材料の販売とモーターの修理事業で創業し、その後、商社事業、ものづくり事業、そして自社製品の開発へと進化を遂げていきました。創業以来、革新的な製造工程の開発に必要な製品や技術、ノウハウの提供を通じ、多くのお客様から信頼を獲得しています。その積み重ねが、100年を超える成長を実現させてきたのです。

 

「単なる商社は必要ない」の言葉で存在感のある会社へ

「単なる商社は必要ない」。これは、当社のお客様が時折おっしゃることです。激動する事業環境において、お客様は日々、新たな製造工程の開発のため、様々なお困りごとに直面しています。このような場面に対し、製品や部材を提供するだけの単なる商社ではお役に立てず、存在感のある会社であり続けることはできませんでした。

時には、商社として約2,000社にも及ぶ信頼できるサプライヤーの中から調達した製品を組み合わせ提案し、また、時にはメーカー機能を駆使し、当社の独自製品を開発するなど、確かなソリューションを提供してきました。こうした事業体制のもと信頼を積み重ね、歴史とともに存在感のある地位を確立することができたのです。

 

お客様の要望に応えること、また、そのための努力が大切

100年を超える発展の秘訣は、お客様のお困りごとへの解決策を提供し続けてきたこと、また、結果的に100点満点の解決策が見いだせなかったとしても、そのために努力し続け何らかのヒントを提供してきたことです。

 この姿勢は全社に浸透しており、時代の変遷のなかでも各世代に受け継がれていきました。当社には、お客様の要望に応えられる力を身につけていく土壌が備わっているのです。

 

「明治電機が大好きです」と言ってもらえるように

ここまで聞くと、当社を人材育成方針が一昔前の滅私奉公を徹底する会社であると理解されるかもしれませんが、決してそうではありません。

当社の経営理念「信頼―すべては人から始まる お客様と共に 従業員と共に 社会と共に」には、その実践のための指針・スローガンが存在します。その中の一つ「The Meiji Way」は、この経営理念実践のための中核的な指針です。「従業員満足なくして、顧客満足なし」。まず追求するべきは社員の満足、そして、社員が満足すれば就業意欲が増進し、お客様へのサービスの向上につながる。そして、会社の存在価値が向上し、また、それが社員のさらなる意欲の向上につながる、という循環型の発展を目指しているのです。

このことを端的に理解しやすくするために、新しく策定した長期ビジョン「VISION2030では、「Mission for Smile ”みんなに笑顔を届けよう“」というスローガンを導入しました。そして、その先にあるものは、すべてのステークホルダーから「明治電機が大好きです」とお言葉をいただけるようになることです。この想いの実現、そして社員の成長が会社の成長につながる姿を目指して、一緒にチャレンジしていきましょう。