採用について

応募にあたって

  • 入社において必要な資格はありますか?

    基幹職の場合、業務上社外に出ることが多いので、普通自動車運転免許が必要となります。また一般職のなかでも海外業務事務職を希望される場合は、英語力(目安としてTOEIC600点程度)が必要となります。

  • 電気や機械などの専門知識がないのですが大丈夫でしょうか?

    入社時において専門知識の有無は問いません。ただし制御機器・計測機器などの商品を取り扱いますので、電気に関する基礎知識は業務上必要となります。入社後の研修できちんと学んでいただける環境を用意していますので、ご心配いただく必要はありません。

  • 一般職と基幹職の併願はできますか?

    併願はできません。どのように働きたいかをよく考えた上でご応募ください。

    なお入社後、キャリアアップの機会として一般職から基幹職への職種変更を可能とした制度を導入しています。

  • 営業職とセールスエンジニア職はどう違いますか?

    営業職はお客様との直接の窓口として、情報提供からアフターフォローまで、お客様に関わることはすべて担当します。一方セールスエンジニアは商品分野ごとに担当がわかれており、担当する商品分野のスペシャリストとして、より専門的な商品知識やノウハウでお客様にソリューション(課題解決)を提供します。

  • 入社後研修はどのようになっていますか?

    入社後1ヶ月間は【集合研修】を行い、ビジネスマナーや業界、自社に関する基本知識(歴史やルール、各部門の事業内容、取扱商品)など、社会人として、当社社員として必要な知識や考え方を学びます。

    その後、一般職は配属となりますが、基幹職は3~4ヶ月間、【現場実習】として各事業部における業務を現場で実際に体験しながら学びます。

配属・異動について

  • 配属は希望を出すことはできますか。

    採用時に、職種について希望調査を行います。本人の希望と適性、会社としてのニーズを総合的に勘案し、配属先を決定します。希望が100%かなうわけではありませんが、毎年大多数の新入社員が希望の部門に配属されています。

  • 異動や職種変更の希望を出すことは可能ですか。

    年に一度実施する自己申告制度により、上司と面談し、希望や改善点について提案する機会があります。会社の人員配置計画と本人の希望・適性とが一致した場合に異動や職種変更が可能となります。

  • 転勤はありますか。また頻度はどのくらいですか?

    基幹職は、勤務地を限定した採用を行っていないため、転勤はあります。ただし、頻度に定めはなく、他社に比べてその機会も比較的少なめです。

  • 海外で働くにはどのくらいの経験が必要ですか。

    業務で必要な適性、能力、実績を兼ね備えている人であれば、海外で働くチャンスは十分にあります。個人の努力、能力次第ですが、日本国内の業務や業界の状況を把握するためには、少なくとも5年ほどは必要かと考えています。

職場環境・福利厚生について

  • 社宅や寮はありますか?

    社内規程上対象となる方には、会社名義で賃貸契約を結び社員に提供する、【借り上げ社宅】をご用意します。この場合家賃の自己負担は20%となり、最低限必要な家電も会社側で費用を負担します。

  • 育児休業制度について教えてください。

    当社の育児休職制度は、出産後、子が満1歳に達するまで取得することができます。特別な事情がある場合は1歳から1歳6ヶ月に達する間の必要な日数の延長も可能です。

    また復職後には育児短時間勤務制度によって、子が満3歳に達するまでの期間、育児のために就業時間を短縮することができます。