水素ステーション建設

2014年末に燃料電池自動車(FCV)が市販開始され、水素ステーションの先行整備が始まるなど、水素社会実現に向けた動きが活発になってきております。

FCV普及に伴い水素供給インフラの整備が進むことが、水素エネルギー社会実現の大きな牽引力になると期待されております。

しかし、水素ステーション整備には建設コストの大幅な低減が必要です。日本の水素ステーション建設コストは、4~5億円程度といわれており、海外と比較して非常に高価です。実績のある安価な海外製品を日本で使用する場合でも、国内法規に適合させるための改善が必要となり、2~3倍のコスト高になっているのが現状です。

コスト低減のためには、規制の見直しが必要との判断から、水素ステーション関連の規制再点検が国と民間の協力の下で進められております。

当社は、これら規制の見直しを見据え、多くの機器メーカが水素インフラに参入しコスト低減に繋げ、早期に水素ステーション建設コストを半減できるように取り組んでおります。

水素ステーションの仕組み

水素ステーションは大きく分けて、その場で水素を製造しているオンサイト型と、ガソリンスタンドのように他から水素を持ってきているオフサイト型、また複数の場所で運営可能な移動式ステーションがあります。

オンサイト型…都市ガスやLPG等を原料に水素を製造したり、電気で水を電気分解して水素を製造します。最近では、再生可能エネルギー由来電力を用いて水素を製造する水素ステーションも設置されております。

オフサイト型…既存の製油所や工業プラントで大規模に製造されている水素の一部を、水素ステーションに運んでくるものです。
移動式水素ステーション…大型のトレーラーに水素供給設備を設置して、移動できるものです。工場や他のオンサイト水素ステーションで水素を調達し、これを運んでくるものです。

オンサイト型とオフサイト型、移動式には、それぞれ特徴があり、どれが優れているとは言えません。

近くに大規模に水素を製造する工場があるなら、オフサイト型の方が安価に水素を供給できる可能性があり、そのような工場が近くにないなら都市ガスやLPGで水素を製造するほうが安価になる可能性があります。

明治電機工業がご提案する水素ステーション設備向けエンジニアリング及び機器メーカー一覧

明治電機工業は中部経済産業局「水素エネルギー&FCVフレンドシップクラブ」、「福岡水素エネルギー戦略会議」に賛同しています。

水素利活用

水素は、様々な原料からつくることができ、燃料電池を使うことでエネルギーを効率的に利用できるうえに、利用時には水しか排出しないクリーンなエネルギーという特長を持っています。

また、水素は大量かつ長期間にわたって貯蔵できることから、不安定な再生可能エネルギーを補完する役割が期待されています。
当社は、再生可能エネルギーを利用し、水の電気分解により製造したCO2フリー水素を貯蔵・供給する一貫システムの整備に貢献します。

また、水素製造装置(水分解)、水素貯蔵タンク、水素供給配管、FCFL用水素充填設備(開発中)、純水素型燃料電池、それら設備機器をEMS(エネルギーマネージメントシステム)が統合的に制御し、安定的かつ効率的なエネルギーの利用を実現します。

FCFL用充填装置開発

燃料電池フォークリフト(FCFL)が実用化段階となり、その普及が期待されているなか、FCFL用水素供給設備が普及していないことが課題となっています。

FCVとは仕様が異なるため、同設備にてFCFLへ充填はできません。

そこで、当社は愛知県重点研究プロジェクトの近未来水素エネルギー社内形成技術開発プロジェクトに参画し、低コストで利便性や安全性を向上させた事業所内向けの燃料電池フォークリフト用水素充填装置を開発中であり、H31年度から量販化を目指しております。

【研究リーダー:事業化リーダー:㈱広島、参画企業:明治電機工業 他】

「新しいコア技術と事業展開」に関するお問い合わせ

インターネットから

►お問い合わせ

お電話から

052-451-7658

明治電機工業株式会社 開拓プロジェクト室